編み図(目数)を書いておく方眼ノート

道具

あみぐるみを作るためには編み図というものを使います。

毎回違うものを作るのであれば編み図は必要ありません。
でも、おおよその形を同じに作るには「何目を何段編む。」「どこで増し目をしてどこで減らし目をする」かをメモっておく方が後で助かります。

私の場合、ちゃんとした円形図は書きません。
「1段目に6目、2段目に12目・・・」というのを「1 6」「2 12」というふうにノートの上から下へと書いていきます。

最初は、横罫だけの小さなメモ帳に書いていました。
手のひらサイズで、枚数も少ないからすぐに使い切ってしまいました。

次に使ったのは方眼ノートというタテヨコに線が引いてあるノートでした。
方眼ノートは、数字と数字の間隔、行を揃えることができてとても快適なんですよ。

ただ1つ難点が・・・
なぜか切り取り線がついてて、これまた使ってるうちに切れてきてセロテープで補修しなければなりませんでした;

その方眼ノートもようやく残り1枚になったので新しいノート買おうかな?
今度はちぎれない丈夫なのがいいな。
何年か前に買った【仕事してます】的な使い勝手の良かった立派なノートを思い出し、引っ張り出してみました。
使えそうだったら同じの買おうと思って・・・

ところが!

出してみると悲惨な姿で現れました↓

オンボロボロボロ

表紙が厚手の革風でカッコ良かったはずなのに、擦れたキズは入ってるしフチが劣化してポロポロ崩れるし。
無残。
高かったのにこうなるかあ。

ポロポロクズが出て使いにくいので諦めました。
気を取り直してスーパーの文具コーナーへ行ってみました。

一般的なスーパーなので置いてる商品も一般的なノートばかりです。
大人向けのシンプルなのもありましたが目を引いたのがコレ↓

ショウワノートの「ジャポニカフレンド
そう、ジャポニカ学習帳~~♪の仲間。
小学生が使うノートコーナーにありました。

5mm方眼罫、B5サイズ、5色入りで¥698(1冊約140円)
100均にも方眼ノートあるかもしれないけど、このイラストが気に入ったのでお買い上げいたしました♪

5冊5様のいい笑顔にほっこりします。

1cmごとのラインが太めなので行数も数えやすいです。
今まで困っていた切り取り線はありません。
綴代はしっかりと糸で縫われているので安心です♪

5冊もあるからいっぱい編み図書くどー!

道具