あみぐるみ作りに必要な道具

いつも使っている毛糸以外の材料と道具をご紹介します。


かぎ針

ずっと金属製の両かぎ針を使っていましたが、最近はグリップのあるかぎ針を使っています。

上から

クロバー「ペン-E」 4/0号

クロバー「アミュレ」 5/0号

Turip「エティモ」 6/0号

色や形が違うとかぎ針ケースから探しやすくていいですよ。

特に「アミュレ」は号数によってカラフルな色に分かれていてオススメです。


まち針


あみぐるみのパーツを仮止めするときに使います。

裁縫用のまち針で大丈夫ですが、編み物用のまち針は先が尖っていないので指にも毛糸にも優しいです。


とじ針

どんなハサミでもかまいません。

オススメはステンレスで先が少し尖り気味のハサミ。

綿に付かず離れずスムーズに詰めることができますよ。

私はいつもこのハサミで綿を詰めています。


プラスティックアイ(目)

差し込みタイプの目です。

上の画像はボンドで留めるタイプですが、裏からワッシャーで固定するタイプもあります。

大きさは4.5mm~21mmくらいまでのものが市販されています。


目打ち

差し込みタイプのプラスチックアイ(目)を付けるときに使います。

目打ちで穴を開けておくとプラスチックアイが奥まで差し込みやすくなり、後から浮いてくることも防げます。


木工用ボンド

よく見かける赤と黄色の木工用ボンドを使っています。

100円ショップでも購入できます。


ご自分に合った使いやすい道具をお使いください。

Puccina*

フレンチブルドッグのあみぐるみ雑貨店

0コメント

  • 1000 / 1000