ワークショップ開催に向けて

2019年3月11日ワークショップの準備

2019年、今年は初の試み「あみぐるみワークショップ」を始めます!

今まで自分自身の性格上、人前に出ることが苦手で対面販売のイベントやオフ会などには参加したことがありませんでした。
ある1通のお声掛けをきっかけに、苦手なりに出来る範囲で「あみぐるみのワークショップを開こう」と思い立ちました。

みなさんの声を聞いてみる

思い立ったのはいいけど、参加してくれる人がいるのだろうか?
やっぱり心配だったので、インスタのストーリーズでアンケートを取らせていただきました。

50名ほどの方に回答を頂き、以下のような結果になりました。

参加してみたい方が96%
いいえの方が4%

半分以上の方が参加してみたいと回答してくださいました。

1人でもいらっしゃるならやってみようと思っていたので、
ものすごく後押しになる結果でした。

編みたいと思えるあみぐるみを一緒に作りたい

あみぐるみのワークショップといっても何を編むの?
決まった時間で仕上がるあみぐるみとなると、簡単で早くできなければなりません。
でも、それだけで満足してもらえるだろうか?

やっぱり「うちの子をモデルに編みたい」と思ってらっしゃる方が多いのではないでしょうか?
なので、簡単で早くでき『編みたいあみぐるみ』を作れるワークショップにしたい!

何より先にサンプルを編んでみました

「いつ・どこで」も決めないといけませんが、まずは作るモノを!
もちろんフレンチブルドッグのあみぐるみです。

見本用にクリーム(ホワイト)とブリンドルを編んでみました。
大きさはほぼ同じで、高さは耳まで入れて14cmくらいです。

使用した毛糸

使用している毛糸は、アクリル60%・ウール40%の並太毛糸『ままあむ』という毛糸です。
かぎ針は標準で5/0号針を使用となっています。

使用したかぎ針

ブリンドルを5/0号で編んでみて少し力が必要に感じたので、クリームは6/0号で編みました。
並べてみると少しだけ頭が大きくなりました。

きつく編む方は6/0号、ゆるくなってしまう方は5/0号を使うといいと思います。
ブリンドルはゆるく編んでしまうと、中の白いワタが見えてしまうので要注意です。

時間はどのくらいかかるのか

1体作るのにかかった時間は、およそ3時間です。
編んでる途中の立ったり座ったりを除いてなので、結構集中しないと最後まで編めないかもしれません。
この問題点をどうしようか、いま考え中です・・・

あみぐるみの種類も数パターン作ろうと思います。
それから編み図も!これがやっかいなのです;
また、場所や日程など決まりましたら都度お知らせしますので楽しみにしていてください♪

できれば桜の季節に開催したい・・・

みなさまからのご意見やご希望なども参考にさせていただきたいので、
お問い合わせフォームよりメッセージをお送りください。